蛍になっちゃう、アクセスボディMTVSS

今日はアクセスボディ講座「MTVSS」でした。

3名の参加者は皆さんアクセスバーズは受講済みの方でした。

 

そして、お一人はアクセスボディ講座は一昨日に当方でBMMと90%脳能力活性を初受講、残りのお二人は私は初対面の方でアクセスボディが初めての方でした。

 

バーズを皆さんが受講していたので、今日はばっちり実習をベースにやろうと思っていて、奇数なので、さてどういう風に組もうかと思いましたが、結局、2名づつで3回転させることにしました。

私は3名の方を順番にセッション、そして、受講者は、2回受けて1回与えるというパターン。

初めてでも皆様しっかりランされていましたよ。

 

面白かったのは、

「このままだったら蛍になっちゃう!!」と叫んでいた方。

 

MTVSSがかなり強烈だったようで、最初に免疫を活性させた瞬間から、お腹もぐるんぐるんと鳴り出し、パワフルにエナジーランし続けていました。

 

最後には頭部から仙骨にかけてエネルギーが激しく降りてきて、このままだったら蛍のようにお尻から発光するんじゃないかと思ったそうです。

もう一人の方は反対に、足元から頭頂に掛けてエネルギーがあがってきて頭部で渦巻いて抜けていったといわれていました。

 

ベッドの上でバウンドした人も居ました。

 

今までコロナ禍で人数を制限してきましたが、そろそろ解禁して、パワフルなひとときを楽しむ時間を過ごしても良いなとつくづく思った1日です。

 

今回のご受講ありがとうございます

0 コメント

アクセスボディ講座、遠方より感謝

今日は、アクセスボディの「BMM」と「90%脳能力活性」の二つの講座でした。

この二つはセットでやることが多いボディプロセスです。

 

BMMは人間関係に影響を及ぼしていきやすい内容で、周囲の影響が大きくて自分らしく生きづらい方などにもお勧めですが、社会性や集団行動の動物である人間そのものの特性である模倣の部分や、人との密接な関係を作るために無意識に自分を偽ってきた部分などの削除に役立つツールです。

今回は、遠路宮崎からと、名古屋からの受講を頂きました。

 

私も近々京都までセミナー受講に行きますが、学びのためには、日本国内を厭わずに動くのも大事です。

 

そしてその熱意にお答えするべく、ファシリテーターである私もがんばります。

ぜひぜひ、学んだことをご活用下さい。

 

さて、明日はフェイスリフト1日講座です。

 

お互いにエナジーをランさせて、より若々しくキレイになりましょうね~

 

0 コメント

アクセスフェイスリフトは動物にも

今週末の日曜日から火曜日までの3日間、アクセスコンシャスネス関連のセミナーが続きます。

まだまだ参加可能ですから、気になっていた方はお声かけ下さい。

 

12月4日(日)BMMと90%脳能力活性の2つのセット

12月5日(月)アクセス・エナジェテック・フェイスリフト1日講座

12月6日(火)MTVSS

です。

 

ところで、アクセスフェイスリフトって、動物にも使えるって知っていましたか?

別にパグのお顔をリフトアップさせるとかそういうのではないけれど^^;

 

アクセスフェイスリフトのエナジーはたくさんの種類のものをいっぺんにランさせます。

 

結構パワフルなんですが、不思議と動物さん達も好きなエナジーなんです。

 

 

 

自分もキレイになって、さらにペットにもやってあげられるとしたら~

それって結構楽しいですよね

 

そして、12月6日にあるMTVSS講座。

 

こちらはアクセスボディの王道的なボディプロセスです。

 

体の誤作動を取り消すツールといわれていますが、何か疾患などをかかえている動物さんにもとても良いですよ。「MTVSS」と「細胞記憶」「回路」などは、体が本来のスムーズな流れを取り戻すのにとても役立つと感じています。

 

アクセスボディはアクセスバーズやレイキなどと同じ様に医療行為ではありませんが、健康増進のためにとても役立つツールです。

 

そして12月4日の日曜日に開催のBMMと90%脳能力活性ですが、こちらは、「BMM」と「90%脳能力活性」の二つのアクセスボディのセットになります。

 

BMM擬態によるエネルギーを取り除くのにぴったり!

 

あれ?でも擬態って??

誰かに合わせていこうとして真似をすること。

人間は、集団の中で育ち生きている動物です。

周りの様子から学んで対応していくことが生きていく上で必須でした。

 

誰々みたいになりたいと迎合すること

誰々みたいになりたくないと反発すること

 

どちらも自分を枠に閉じ込めてしまいます。

 

あなたがあなたとして生きることをサポートするのがBMMの良い点です

それだけでなく、パートナーや家族など特別な関係にある人に明け渡してしまったエネルギーを解放するのにも使えますよ。

 

0 コメント

来週はアクセスボディ、フェイスリフト講座です

アクセスボディ講座・フェイスリフト講座、参加者募集中です!!

会場はヒューマン&トラスト研究所ヒーリングセンター

最寄り駅は大井町です。

都内どこからも交通至便ですし、羽田空港からもリムジンバス、新幹線品川駅から1駅です。

 

もしも、あなたが両親や周囲の大人や先生、社会の影響を色濃く受けていて本来の自分の考えや感情、生き方を封印して本来の自分から遠ざかっていると感じていたら。

 

もしも、パートナーやお付き合いした人達のことばかり気に掛けて、エネルギーを明け渡し、その人の気に入るようにしてきたとしたら?

 

BMMは擬態や明け渡しのエネルギーを解放していきます。

「BMM」「90%脳能力活性」アクセスボディ講座

・12月4日(日)12:30-17:00 

 

・受講費 18,000円

 

こちらのセミナーでは、2つの認定証が発行されます

 

ーーーーーーー

手をお顔にそっとあて、多種のエナジーを使う事で、自然な美しさ若々しさを引き出せるとしたら?

 

セルフで自分のビューティーケアに、男性や高齢者の方にやってあげてもとても喜ばれます。

 

お顔ってあなたの思考が表現されているところでもあり、また思った以上に緊張していたりもするのです。

アンチエイジング、リフトアップ、美白効果、目がパッチリ大きくなったり、目の疲れがとれたり、体験した人はそれぞれに気がつくことがあるでしょう。

 

アクセスフェイスリフト1日講座

・12月5日(月)10:30-17:30

 

・受講費 47,000円 再受講23,500円

 

ーーーー

 

 

 

最後はアクセスボディの王道的なプロセスMTVSSです。

 

体の誤作動を取り消すと言われるツール。

 

免疫アップやパワーチャージとか、1000種類もの使い方が可能と言われていますよ

 

MTVSSアクセスボディ講座

・12月5日(火)10:30-13:30

・受講費 15,000円

 

いずれも定員は1-4名様です。

施術ベッドやリネン類は完備されています。

ご参加お待ちしております。

0 コメント

アクセスバーズと過去生の解放

11月21日から24日迄の、メタトロンとレイキ・アクセスバーズのコラボ企画が終わりました。

私はアクセスバーズのセッションを担当しましたが、昨日初めてバーズを受けていただいた方が、終わった後に興味深い感想を言ってくれました。

それは、過去生の癒しです。

バーズの中では、今生に限らず、過去世なども含めて経験してきた体験、感覚、感情などの不要な情報を削除していきます。

 

また、自分が実際に経験したことでなくても、周囲の環境や教育などを通して言われてきたり、周囲の人がそうあることで自分に刻んで来たものなども解放していきます。

受けている時にそれらの欠片が見えることもあります。

ただ、それを細かく詮索する必要はないのですが、明瞭に出てくる人もいます。

 

彼女は、エスキモーだった時の悲しい過去世の出てきて、そしてその存在をご自身が天に還すということがなされたそうです。

帰りがけ「素直な自分になっている気がします」と言われて玄関を出て行ったのも印象的でした。

 

 

バーズを受けて、脳内徹底断捨離してみませんか?

新しく新設した「エグゼクティブコース」は150分のコースです。

 

まずはバーズをぞんぶんにやって、必要に応じてアクセスボディやレイキを追加します。

 

が、基本的にはガッツリとバーズで脳内デトックスすることがよいでしょう。

 

今まで私のセッションを何回も受けて下さってる方の場合は、その状態に応じて、アクセスボディやレイキなどの割合を増やしていくこともあると思います。

 

今週末(11/26&27)は、エグゼクティブコースを是非お試しいただきたいので、通常30,000円のところ、20,000円で受けていただけます。

エグゼクティブコース 150分 30000円→20000円 

・11月26日 14:30-17:30

・11月27日 10:00-13:00

・11月27日 14:30-17:30

 

気になった方はお早めにご連絡ください。

0 コメント

考察12:アクセスバーズ・アクセスボディの考察

まず、宣伝から♪

下記アクセスボディ講座参加者募集中です

 

・12月4日BMM、90%脳能力活性

・12月5日フェイスリフト1日講座

・12月6日MTVSS

 

 

私が、アメリカのアクセスコンシャスネスで提供している「アクセスバーズ」「アクセスボディ」「アクセスエナジェテックフェイスリフト」に出会ったのは2015年の春。それから8年が経とうとしています。ふと、それを振り返ってみて、その間にどんな事を感じ、どんな経験があったのかも含めてこれらを考察して書いてみたくなりました。あくまでも私の私見であることを加えておきます。

 

2015年夏にファンデーションクラス、3DAYボディクラスを受講後、アクセスボディファシリテーターと、アクセスフェイスリフトファシリテーターになった私は、バーズのレッスンと共にボディ講座を開くようになりました。

 

ボディ講座というのは、まあ一つ一つのメニューをやるみたいな感じのものです。

 

常時50種類ほどの内容があり細かく言えばそれが「ボディプロセス」になります。そしてボディプロセスそれぞれに講座があります。

 

内容はかなり具体的な名称のものから、名称だけだと???と分かりにくいのもありますが、直感で面白そうだなと感じるものや、施術の中で使って効果的と感じるプロセスなどをどんどんセミナーでやっていきました。

 

受講する人もひとつではなく、色々な種類のものを学べるのが楽しいところといえます。

 

そして、アクセスバーズ、ボディ共にほぼ毎年マニュアルが更新されます。

 

特にボディの方は更新されてアーカイブされるものと、新たなボディプロセスが出現してくるものがあり、アーカイブされたものは講座として教えることが出来なくなります。

 

以前に受講をしてプラクティショナーになった人はセッションで使う事は出来ます。

 

その中でも私が実際にセッションの中で使って効果が分かりやすいものをいくつかあげると

 

物理的(肉体)に作用しやすく、ポピュラーに誰にでも効果が分かりやすいもの

・MTVSS

・回路

・DMMD

・神経再生*

・視力

・デーモンの消去と根絶*

・怒りと不安の消去*

・細胞記憶

・ルートオブマイナス1

・トライフォールド

 

生き方考え方に変化を与えやすいもの

・BMM

・ポシジョナルヘパス*

・往復次元

・コンシャスネスへの抗体

・セクシャルエナジーの復元*

 

特定の病の方などによいもの

・免疫*

・アレルギー性凝固*

・退行性失明

・放射線の消去*

・遺伝的疾患の消去

・イクジットステージ

続きを読む 0 コメント

考察11:アクセスバーズ・アクセスボディの考察

11月26日&27日限定150分セッションのお試し価格提供

限定4名様となりますが、今週末にこのエグゼクティブコースを受ける方は、下記のお試し価格にて提供をします。
通常150分30,000円→20,000円にてお受けいただけます。

1)11月26日(土)10:00-13:00
2)11月26日(土)14:30-17:30
3)11月27日(日)10:00-13:00
4)11月27日(日)14:30-17:30

上記よりご希望の日時候補をご連絡ください。

私が、アメリカのアクセスコンシャスネスで提供している「アクセスバーズ」「アクセスボディ」「アクセスエナジェテックフェイスリフト」に出会ったのは2015年の春。それから8年が経とうとしています。ふと、それを振り返ってみて、その間にどんな事を感じ、どんな経験があったのかも含めてこれらを考察して書いてみたくなりました。あくまでも私の私見であることを加えておきます。

【考察11】

今日は時系列からは外れて、バーズの効果とバーズ1日講座のことについて書きます。

 

アクセスバーズはアメリカのアクセスコンシャスネスが提供しているツールです。

アクセスバーズ(以下バーズ)は1日セミナーで講義と実習で実質6時間のレッスンです。

その中では、バーズのやり方と実習だけでなく、アクセスコンシャスネスで提供している様々なツールも入ってきます。

 

というか、バーズマニュアルの最初の方には、バーズに至るまでの創始者ギャリーの話とバーズ以外のツールの内容から入っていきます。

 

今までバーズセッションを受けたことのある人は、ああこういう技術を学びに行くんだなと思って来たけれど全く異なる話をされているように感じる方もいます。

 

私の場合は、バーズセッションも受けずにいきなりセミナーに参加でしたが、そもそもどういうことをする方法なのかは全く知らないで、ただ、開催した人が私の知っている方でしたし、脳疲労を軽減するエネルギーワークを学べると思って参加したので、セミナー前半の色々な説明は何だかよく分からないままで進んでいきました。

 

ただ、初回はそうでしたが、再受講を2回、ファシリテーターとして人にも教えるようになると、バーズの手法だけでなく、生き方そのものから変化を促すことに役立つツールなので、バーズの技術そのものには使わなくても、有益な考え方がここには入っていると思うようになってのです。

 

それらは生きていくうえで、こういう考え方あるよとか、こういう方法があるよという内容になります。

 

バーズセッションを受けるだけでは得られない部分がセミナーではありますので、バーズセッションを受けて、それが自分に役に立つと感じている人はセミナー受講をして、自分にもセルフバーズをしつつ、そのツールを上手く活用して、そして時々プロからのセッションも受けていくのは、よりスムーズに解放に向かいやすいとは思います。

そして、私が始めたのは2015年春でしたが、それから年数が経つにつれて、バーズの効果について実感をするようになっていきました。

 

特に「マインドフルネス」「脳疲労」などのキーワードが日本の書籍などでもずいぶん増えてきて、世の中の必要性とバーズの有用性がマッチして来た感じがしました。

 

常にたくさんの情報が流入している現代だからこそ、バーズの脳疲労軽減、脳の断捨離と言われるエネルギーワークが効果的な人が増えてきているのだと思います。

 

今まで、エネルギーワークやスピリチュアルなどに全く関心が無かった人にとっても、ハードワークな自分の脳をいったん停止させたり、不要な情報を削除したりするような、バーズ技術が必要になっている時代になったのです。

 

実際に考えがいっぱいいっぱいの人は、自分ひとりで瞑想していても、ただ行ったり来たりでなかなか難しいのが現実です。

 

海外の学者さんが、バーズを受けると、実際に脳波がゆっくりになっていくという実験をされていました。

 

バーズを受けている間、自然と瞑想の時のような脳状態になっていくとしたら、しかも、自分は施術ベッドに横になってグーグー寝ているような状態でそれが起きるのだとしたら、なかなか良いセッションだなということです。

 

なので、今現在、とても成功しているビジネスマンの方や経営者などにとってみても、バーズは役に立ちます。

 

人生に迷いがあったり、生き方を変えていきたい、より良くしていきたいという思いが強い方は、バーズセッションを受ける+バーズを学ぶのが役に立つと思うわけです。

 

そして、そういう人達をサポートしたい方もバーズを学んでおくのは良いと思います。

 

先ほど書いたように、バーズの技術+ツールがあるからです。

 

ーーーつづくーーー

0 コメント

11月26&27日、脳内徹底断捨離デトックスしませんか?

脳内徹底断捨離、エグゼクティブコース

新しくエグゼクティブコースを設定しました。

150分の施術時間を取ります。

このコースでは、脳内デトックスヒーリングであるバーズを主体としてセッションを組み立てします。

脳疲労をしっかりケア、より建設的、発展的な自分を取り戻すのに大いに役立つでしょう。

150分 30,000円

 

脳内徹底断捨離のコースはこんな方にお勧めです♪

・脳疲労が激しいと感じている

・行き詰っている

・考えが湧きすぎて整理が出来ない

・何かを一層させて新しい風を招き入れたいとき

・次の段階へとステップアップしたい

・資格試験や受験勉強に集中したい

 

バーズに多くの時間を割いて、たくさん放電させて、次の段階へのステップに役立てましょう。

バーズと共に、場合によっては、アクセスボディ、フェイスリフト、レイキなどを組み合わせていきます。

 

11月26日&27日限定150分セッションのお試し価格提供

限定4名様となりますが、今週末にこのエグゼクティブコースを受ける方は、下記のお試し価格にて提供をします。

通常150分30,000円→20,000円にてお受けいただけます。

1)11月26日(土)10:00-13:00

2)11月26日(土)14:30-17:30

3)11月27日(日)10:00-13:00

4)11月27日(日)14:30-17:30

ご希望の日時候補をご連絡ください。

続きを読む 0 コメント

考察10:アクセスバーズ・アクセスボディの考察

アクセスバーズ・ボディ・フェイスリフトのセミナー下記確定しています。参加者募集中です。

・12月4日BMM、90%脳能力活性

・12月5日フェイスリフト1日講座

・12月6日MTVSS

私が、アメリカのアクセスコンシャスネスで提供している「アクセスバーズ」「アクセスボディ」「アクセスエナジェテックフェイスリフト」に出会ったのは2,015年の春。それから8年が経とうとしています。ふと、それを振り返ってみて、その間にどんな事を感じ、どんな経験があったのかも含めてこれらを考察して書いてみたくなりました。あくまでも私の私見であることを加えておきます。

【その10】

 

その9の内容がちょっと批判的だねと言われまして、確かにそうかもしれません。

 

というか、最初の時には本当に色々と疑念もありながらスタートしたのは事実です。

 

ただ、そういう思いもありながらも、ファンデーションクラス、そして3日間連続の3DAYボディクラスを受講しました。

 

3DAYボディのクラスになると、ファンデーションクラスで終わる方は抜け、ファンデーションクラス受講済で今回参加の方が加わり、メンバーも変わりました。

 

シャノンさんが、それぞれのエネルギーを観つつペアを決めて行きました。

 

そして、ここでは3日間アクセスボディの施術をお互いにやり続ける感じです。その合間に質疑などもはいってきます。

 

全部で50種類以上あるアクセスボディプロセスマニュアルなので、全部をやるわけではありません。

 

その中からセレクトして午前に1セッションの交換、たっぷりのランチタイム、午後からはまた1セッション、または2セッションの交換という感じです。

 

そして、当時はまだ1日セミナーにはなっていなかったアクセスフェイスリフトもこの時に学びます。

 

シャノンさんが見本をみせてくれて、デモセッション。

 

彼女はエネルギーにとても敏感なので、直接触れるのはちょっと出来ないのよと言って触れないでフェイスリフトをしていました。

 

現在では、アクセスフェイスリフト1日セミナーの中で、直接手を置いて触れるハンズオンのやり方と、そのシャノンさん方式のハンズオフも導入されています。

200名近くの方がペアになって施療ベッドの上で実習をしている姿はなかなかの圧巻です。

 

エネルギーもすごく大きくなっています。

 

ペアになった方は少々霊感の強い女性でしたが、中日でランタイムに霊に入られたみたいで、私はセッションをしながら多量の生あくびが出続けました。

 

こういう時にはアクセスコンシャスネスではどういう対処をするのだろうと思い、質問をしましたが、その時のシャノンさんは余裕がなかったのだと思いますが、、、スルーでした。

 

私はこんな時にはレイキを使いたいものだけれどと思いつつ、違うものを習いに行った時には、それ以外のものを使う事をしないようにしているので、うーん困ったなと。

 

その後、ペアを組んだ方は自分で何とか祓って終わりました。

 

それにしても3日間連続で実習をしまくり、それを見ているファシリテーターは大変です。

 

この大変さは、実際にやってみないと分からないですが、目の前でやっている人達全てが、自分に影響を与えるという感じだと思ってください。

 

7日間のセミナーが無事に終わり、私は、2015年9月にアクセスボディファシリテーターになり、その後、アクセスフェイスリフトファシリテーターにもなりました。

 

アクセスボディプロセス講座は、ひとつひとつのメニュー内容に対してほとんどがワンシートのマニュアルです。中には数ページあるものもありますが、基本的には受講生同士が実習をして実際にエナジーを体験しましょうというセミナーです。

 

すぐに様々な種類を開講、参加者それぞれに変化を感じます。

 

どれも非常に効果があり、いろんな種類がある分、適材適所にエナジーを使える良さを感じました。

 

アクセスバーズよりも、掌を体に当てる方法のアクセスボディは、レイキと見た目のスタイルが似ている分非常にやりやすかったし、覚えやすいというか、やり方はとてもシンプルなのですが、ボディプロセスごとにエナジーの動きは違うのです。

 

続きを読む 0 コメント

考察9:アクセスバーズ・アクセスボディの考察

私が、アメリカのアクセスコンシャスネスで提供している「アクセスバーズ」「アクセスボディ」「アクセスエナジェテックフェイスリフト」に出会ったのは2,015年の春。それから8年が経とうとしています。ふと、それを振り返ってみて、その間にどんな事を感じ、どんな経験があったのかも含めてこれらを考察して書いてみたくなりました。あくまでも私の私見であることを加えておきます。

【その9】

 

さて、4日間のファンデーションクラスが始まりました。

私は、バーズの事がもっと知れるかと思ってワクワクしながら参加したのですが、、、、

あれ?ファンデーションクラスっていうのこういう感じなの?

 

拍子抜けというか、分厚いマニュアルが渡されましたが、そこにはバーズのバの字もなく、たくさんのバーバルプロセスが並んでいました!!

 

バーバルプロセスというのは、言葉を使ったクリアリングです。

アクセスコンシャスネスでは、クリアリングステートメントというエナジーを消去するツールがあるのですが、それを使っていきます。

 

その前に、何か湧き上がってくるような質問をして、その時に出てきてエナジーを消去していくのです。

適宜質問は受けつけながらやるのですが、何せ200名くらいいる人達は、バーズしか知らない人がほとんどです。海外から来ている外国人の人はすでに色々習ったことのある人だったようです。

 

日本人からはほとんど質問なんて出ません。私はもう今しかないと思っているから、何回か質問をしました。

 

内容はすっかり忘れましたが、今思えば、ファンデーションでするような自分の困っていることや悩みに関しての質問と言うよりも、もっと書かれている言葉についての事などの質問をしていたように思います。

とにかく、シャノンさんは淡々とマニュアルに書かれているバーバルプロセスを読んでいきます。

 

その中で、いくつかのアクセスボディも学ぶのですが、それをやったり、受けたりしている間もひたすらシャノンさんはマニュアルを読み上げていきました。

 

相変わらず、日本語の分かりにくい通訳がはいって、何だか参加者達はあきれる人、怒る人、、、

 

数日後?、二人の内のルーマニア人のわかりにくい日本語通訳は登場しなくなり、もう一人の日本人の通訳者のみになりました。通訳の人は本当に大変だったと思いますが、その後の3DAYボディクラスのほとんどをがんばっていました

  

ファンデーションの内容っていうのは、エネルギーワークをするということではなく、モノの見方考え方、人生の色んな場面におけるあり方やヒントなどが入っていて、自己啓発的な感じでした。

 

「自己啓発」という言葉は人によって好き嫌いが分かれる言葉ですが、自分の人生における様々な場面で、家族、友人、社会との関わり、ビジネス、お金、体、健康などなどを以下に「より良く」していくかということです。 

 

スマホで見てみると、ビズリーチがこんな風に書いています。

自己啓発は本人の意思によって自分の能力を高め、心の成長を目指すことをいいます。自分自身のスキルアップになるため、仕事で結果を出すことはもちろん、プライベートを充実させることにもつながるでしょう。自らの意思によってその行動を起こし、自分なりのやり方で成長していくマインドが大切です。

だけれどアクセスコンシャスネスでは、「自己啓発」という言葉を非常に嫌っていました。

 

「うちはそうじゃない」と。

 

これはそれぞれの言葉をどう解釈するかなのですが、ある時までは、本当にこの言葉を嫌っていましたが、なぜか最近では、共同創作者のディーンさんは「最高の自己啓発」と言っていて、ずいぶんモノの見方考え方、提供の仕方は変化してきているのだなと思います。

 

その当時は、アクセスバーズを深め、アクセスボディのファシリテーターになることが目的でしたので、私にとってのファンデーションクラスは、一体何?という感覚があったのは確かです。

 

私が初受講する前に、オーストラリアで一足先に受講した方が、あちらのセミナーでの話題はお金とセックスばかりだったわと言っていましたが、アメリカ人も同様にそうかもしれないなと思うところもありました。(失礼、あくまでも私の印象です)

 

続きを読む 0 コメント

バーズをする時のコツ

今日は久しぶりのアクセスバーズ1日講座でした。

 

なぜかしばらくバーズ講座がなかったのですね。たぶん、私にとってもう一度バーズの意味とか意義とかを考える時間だったのだと思います。

 

講座セミナー中でマスクで講義するのが結構きつくって、長時間しゃべり続けるのが大変だったので、久しぶりの6時間のレッスンで半分はしゃべりますから大丈夫かなと思っていたのです。

 

ところが喉も大丈夫でしゃべることが出来ました。ホッとしました。

マンツーマン研修だったので、実習では受講生からのバーズも受けました。

 

初回の受講の方でしたが、レッスンでかなり丁寧にポジションの説明と実際にモデル人形も使い、さらに、青木先生のモデルになってもらってチェックをして、我ながらなかなか丁寧な教え方だなと思ったりして、、、

 

受けた感じもすごく良かったです。

 

今はマニュアルに記載されていないバーズについての話もお伝えするのは大事だなと感じています。

 

バーズセッションのポイントの大事な点のひとつとして、優しく触れるというのがあります。

 

これは本当に大事です。

 

日本では昔から「指圧の心は母心~」で押したり、「母さんお肩を叩きましょ」で叩いたりすると、喜ばれるイメージがありますが、それはその技術の素晴らしさであって、バーズのエネルギーと「押す、叩く」ということの相性はあまり良くない感じがします。

 

私も以前にある場所で、ペアを組んでバーズを受けたときに、その方はグイっと押しながらバーズをしたので、本当に辛かったです。その人からのセッションは二度と受けたくないと思ったくらいです。

 

もちろん、これは私の感覚なので、私が敏感だからそう感じるのかもしれませんが、もしも今まで押しながらやった方が効果があるのではとおもっている方がいたら、ぜひ、優しく触れながらバーズをするというのもやってみて下さい。

 

ちゃんとポイントがあっていれば、良い感じにランするはずです。

0 コメント

考察8:アクセスバーズ・アクセスボディ考察

私が、アメリカのアクセスコンシャスネスで提供している「アクセスバーズ」「アクセスボディ」「アクセスエナジェテックフェイスリフト」に出会ったのは2,015年の春。それから8年が経とうとしています。ふと、それを振り返ってみて、その間にどんな事を感じ、どんな経験があったのかも含めてこれらを考察して書いてみたくなりました。あくまでも私の私見であることを加えておきます。

シャノンさんがヒステリックに叫んでいたその時は正に旧盆の時。

 

日本ではお盆の時に先祖の霊をお迎えし、見送るために準備をして手順を踏んでお迎えと見送りをします。

 

その時期はある意味日本中あちこちで霊が意図的に呼ばれているっていうことになりますね。

実際に何かが視えるとか視えないとかそういうことではなくても、お盆の時期にお坊様を呼んだりお墓参りをすること自体、気持の上で亡くなった方々に思いをはせる時です。

シャノンさんはそれを知ってか知らずか、この日程を選択した訳です。とはいえ、このセミナーをコーディネートしてスタッフが選んだのでしょう。なぜならば、日本の場合はお盆休みと年末年始に一斉に会社などのお休みが集中しますので、4日間+3日間のセミナーを創りだすためには、最適の時期だったからです。

 

その時に参加した中には知り合い同士のすでにグループが出来ている人達が多かったです。

 

というのは、あるヒーリンググループの方がごっそりとそのヒーリングからアクセスコンシャスネスの方へ乗り換えるような時期でもあったからです。

 

おおよそ200名程の人が参加していましたから、その当時のアクセスコンシャスネスにとっては非常に大きなマーケットが日本にあると感じられたはずです。

 

アクセスコンシャスネス本部の人が言っていたのは、日本では私達は何もプロモーションはせずにいたけれど、勝手に広がっていったので非常に驚いているとのことでした。

 

でもそのお蔭もあって、日本には創始者のギャリーさん、ディーンさんが何回も来日して上のクラスが開かれるようになったのです。まあ、これからはほとんど来ることはないと思います。

 

その後、ブラジルでもバーズが受け入れられ、さらにメキシコへと渡って行きました。2020年-2022年は、アメリカ、ヨーロッパ以外だとメキシコでお二人のセミナーはよく開催されています。

 

シャノンさんがワークショップを開いた夜、霊を祓うと言いつつ、実はそれに失敗したということでした。

 

彼女は幼い頃から霊感が強く、色々な経験をしていて、ギャリーさんのアドバイスも受けつつ、対処をしていったそうです。

そういう中で、自分の祓う力に自信を持っていたシャノンさんが初めて経験した失敗だったとのこと。

しかし、彼女は賢かったです。

 

翌日には言い方を変えました。

このセミナーの間は先祖の霊などをこの会場に入れないようにしてもよいかと、受講生への聞き方を変えたのです。

 

そこで同意を得ることで、研修中にそれらの影響を受けないように無事に祓うことが出来たのでした。

いよいよファンデーションクラスが始まりました。

 

ーつづくーー

0 コメント

考察7:アクセスバーズ・アクセスボディ考察

アクセスバーズ・ボディ・フェイスリフトのセミナー下記確定しています。参加者募集中です。
・11月19日バーズ1日講座
・12月4日BMM、90%脳能力活性
・12月5日フェイスリフト1日講座
・12月6日MTVSS

私が、アメリカのアクセスコンシャスネスで提供している「アクセスバーズ」「アクセスボディ」「アクセスエナジェテックフェイスリフト」に出会ったのは2,015年の春。それから8年が経とうとしています。ふと、それを振り返ってみて、その間にどんな事を感じ、どんな経験があったのかも含めてこれらを考察して書いてみたくなりました。あくまでも私の私見であることを加えておきます。

【その7】

バーズをもっと深めたいという思いの中、中野サンプラザで開かれた、シャノンさんのファンデーションクラスを受講しました。正直7年前の記憶なので、前後が不確かなので、そこはご容赦下さい。

もしも同じセミナーに参加された方で、明らかにこれは間違えていますよ、誤解がありますよといことがあれば、是非メッセージ下さいませ。

前夜のワークショップから参加。

 

ただ、私はまだアクセスコンシャスネスがどういうものなのか、分からない状態だったので、いや、今でも分かりはしないのですが^^;

 

それで、始まったワークショップ。

シャノンは英語。もちろん通訳者がはいっての話しですが、通訳者2名の内、ひとりがルーマニアの方でした。

 

しかも関西在住の方だったみたいで、関西弁イントネーションの英語なまりの通訳???で

まず、参加者みんなが思ったことは

 

「日本語がわからない!!!!!」ってことでした。

 

 そして、シャノンは、やたら「デーモン、デーモン」と叫んでいます。

なんじゃ?デーモンって? 悪魔?それがどうしたの?

私の頭の中には2本の角が生えた黒いアニメの悪魔が浮かんでいました。

そう、私は分かっていなかったのですが、前夜のワークショップは、「トークトゥーザエンティティ」のイントロコースだったのでした。

 

 

 

私はとにかくバーズの疑問について聞きたかったのです。

 

それで、勇気を持って質問をしてみました。

 

バーズのエナジーの流れについての質問でした。

 

その質問を聞いたシャノンさんは、「ふふん」と笑って(表現としては〝せせら笑う”が近い)それで終わったのでした。

 

「えーーー??私何か変なこと言ったのかしら?どういうこと?」と私はかなり混乱しました。

 

 あの時のシャノンさんはどんな意識で「ふふん」をしたのでしょうか?未だに分かりませんが、それからずいぶん経ってから、アクセスコンシャスネス本部の方との質疑の中で、私が聞いたことの答えがやってきました。

 

まあ私が感じていたバーズエナジーの流れは確かに思った通りだったのですが、、、

 

まあ、バーズセミナーとは関係のない、トークトゥーザエンティティのクラスでの質問としては不釣り合いだったのかもしれません。

 

ちなみに「デーモン」のことも聞きました。

 

「えっと~ あのデーモン、デーモンと言われているのは、あの頭に角のみたいなのが生えた悪魔のことですか?」と。

 

「そうよ」とシャノンさんは答えたのでした。

 

そして、さらに、この会場にはたくさんの霊が来ているとヒステリックに叫びました。

 

「あんた達がこの霊を呼んだんだ。これを私は祓うからね!」と言い出しました。

 

 そう、時はちょうど旧盆にあたる時だったのです。

たくさんの先祖の霊達が降りてきていたようです。

それがシャノンさんには気に入らなかったようでした。

そして、シャノンさんは、今まで失敗したことがない除霊に失敗したのでした。

 

ーーー続くーーー

0 コメント

メキシコの病院でアクセスバーズ

今週末、11月19日(土)はアクセスバーズ1日講座を開催します。

まだ受講申し込みは出来ますので、気になっている方いましたら、是非受講してみて下さい。

1日講座の受講で、自分にはもちろん、家族や周りの方にバーズをしてあげられるようになります。

パートナーや親子でバーズをやり合えると最高です。

そして、プロでボディケアやエステティックやヒーリングなど施術のお仕事をされている方は、ご自身のメニューにバーズを加えることも可能ですよ。

 

アクセスバーズ1日講座

日時 11月19日(土)10:00-18:00

受講費 36,000円 再受講18,000円 国際価格で決まっています。

定員 1-4名

 

ところで、先日、アメリカ在住アクセスCFのひろこさんから、メキシコにあるSanoviv病院の話を聞いたのですが、そこは機能性医療の考え方に基づいて、西洋的な医療はもちろん、エネルギー療法や栄養、運動などの面からひとりの人を医師とその他の技術者が一体となり総合的に看ていく病院だそうです。

 

*機能性医療はアメリカのジェフリー・ブランド博士によって提唱されたもので、最先端科学と医学を融合して、慢性病や生活習慣病を治療する考え方で、元アメリカ大統領のビル・クリントンが、前立腺がんになった際に選択した治療で、それにより三か月で改善が見られたとしても知られているそうです。

 

Sanovivではん、例えば癌の患者さんならば3週間、その他、鬱や慢性疾患などの方など、2週間・1週間などのプログラムで、宿泊型(入院)の病院になります。

 

日本で言えば統合医療という感じですね。エネルギー療法としてレイキもされているそうです。

レイキヒーリングは、すでに100年の歴史を持ち、特に1980年代からは世界中に広がった日本生まれの著名なエネルギー療法ですので、メキシコだけでなく、アメリカ、イギリス、スペイン、ブラジルなど欧米の病院で採用されています。

 

話がそれましたが、そのSanovivで、ひろこさんがアクセスバーズを提供している話を聞きました。

 

彼女はアメリカ在住ですが、定期的に三週間程度の勤務でメキシコのSanovivにボディコードのセラピストとして入ったそうです。その時には病院の中の人はバーズのことを知らなかったのです。

 

その中で、バーズをドクターやスタッフに試したところ、とてもよいということで採用されたのです。

では、どう良かったか?

 

チャクラの状態を図ったそうです。

 

最初は不均等になっていた状態から、バーズを45分やった後の状態を見て、それがより整列に近づいたというのです。

 

それで、彼女の担当するクライアントに、ボディコードと共に必要に応じてバーズも取り入れるようになったのです。

 

とても素晴らしいことですね。

日本でも是非と思いますが、日本とメキシコやアメリカでは医療制度の違いは甚だしあるのです。

なので、自費での医療となりますので、普通に100万円とかの金額がかかるそうです。

しかし、アメリカでは更にその何倍もの医療費がかかるので、アメリカからわざわざ海外に治療を受けに行く人も多いとの事でした。

日本の場合は、標準が保険治療なので、そこに、違うものを採用して行くのはまだまだ難しいでしょう。

それよりは、一人一人が自分をケアすることに意識を向けて、レイキやアクセスバーズなどのエネルギーワークの必要性に意識を向けて自ら求めて行くような方向性の方がスムーズかもしれません。

 

それが脳の中でも起きているとしたら?

 

アクセスバーズはアメリカ生まれのストレス緩和法です。

 

色々な考え事やごちゃごちゃした思考、マルチタスクでの情報流入は意図せずに受け取っているものも多いですね。

 

もしも、それらをリセット出来たら?

アクセスバーズというのは、そういう情報の詰まったエネルギー回路へのアプローチです。

 

もう不要な情報は手放して、新しい気づきや発想が入りやすくなるのも良い点です。

 

ホメオスタシス(恒常性)に影響を与えるものとして、ストレスがあります。

本来、丸いはずのボールをイメージして下さい、ホメオスタシスが保たれている時にはきれいな〇ですが、

ストレスがかかったときっていうのは、ある場所が押されているような状態です。

ザクッといえば、その押されている状態から丸い状態に戻そうとするのがホメオスタシスです。

満員電車で押されると何とか押し返そうとするようなそんな感じといってもよいでしょう。

だけれど、乗客が降りてしまえば、もとの状態にもどります。もしも、常に常に押されている状態が続いたらどうでしょうか?だんだんと辛くなってきてしまいますよね。体も緊張しっぱなしで。

 

 もし、そういう状態からゆるっとした軽やかな状態に導かれる方法があるとしたら?

 

アクセスバーズはエネルギーワークを通して解放していきます。

 

私はアクセスバーズ以外にレイキヒーリングもやっていますが、どちらも素晴らしいリラクセーション手法です。

 

レイキは深いリラックスと共に枯渇しているエネルギーを充電するのにとても役立ちます。

 

バーズで解放、レイキで充電。この組み合わせもとってもお役に立つものです。また、アクセスバーズ以外にアクセスボディやフェイスリフトなどもありますがこれらもデトックス系のエネルギーワークで体やお顔へのアプローチとなります。

バーズやレイキに興味があって、セッション(施術)を受けてみたい方、ぜひいらしてください。

セッションは時間によって料金設定をしています。

セッション時間の前後に少しお話をお聞きしたりお水を飲んで一息つく時間をとっています。

続きを読む 0 コメント

考察6:アクセスバーズ・アクセスボディの考察

私が、アメリカのアクセスコンシャスネスで提供している「アクセスバーズ」「アクセスボディ」「アクセスエナジェテックフェイスリフト」に出会ったのは2,015年の春。それから7年が経とうとしています。ふと、それを振り返ってみて、その間にどんな事を感じ、どんな経験があったのかも含めてこれらを考察して書いてみたくなりました。あくまでも私の私見であることを加えておきます。

今日は初期の段階のバーズの疑問について。

アクセスバーズのセッションを始めて、さらにバーズについて知りたいと思うようになりました。

 

初期の段階では色々な噂がながれていました。それらは分からないバーズプラクティショナー同士の中で話をされて、テキトーにこうだろうと広がっていきました。

 

例えば、バーズセッション中は音楽をかけることは推奨されていません。

だけれど、テレビはよいし、映画音楽はよい、ヘビメタが良いだとかそう言われていました。

 

初期の時に、プラクティショナー同士の分かち合いのグループに入ったことがあるのすが、その中である地方の方が、自分のところは自然豊かで静かで鳥の声がさずっているような環境なのでバーズのセッションは出来ないんですと書いていました!

 

 

また、私は直接は聞いたことがないので、私よりも前に学んだ人達の中から広まったのだと思いますが、相手を眠らせてはいけないという話もありました。

 

相手が眠ってしまうとエナジーが解放されないということらしく、それを阻止するために、始終相手に話しかけてしゃべり続けるプラクティショナーやファシリテーターもいました。

 

しゃべりながらやる方が良いと思い込んでいる人は今もまだ結構居るかもしれません。

 

テレビを観ながらやらないといけないと思っている人の中では、受け手がテレビを観るために半分横を向いているので、バーズのセッションがやりにくいんですという方もいました。

これらについては、音楽を推奨していないのは今もそうですが、基本的にプラクティショナーは必要以上に相手に話しかけない方がよいと言われていますし、バーズはリラクセーションに導くツールでもありますから、寝てしまっても効果はちゃんとあります。

 

 

 

映画を見ながらやるのは、長時間(数時間)に渡ってバーズセッションをする際にプラクティショナーが飽きないようにテレビを観てもよいといことでした。

 

もしも、私がクライアントに、プロとしてバーズセッションをするときに、テレビ番組に夢中になりながらやったらどうでしょうか?クライアントは私はお金を払っているのになんでと思うでしょう。

 

でも、家族や恋人同士で寛ぎの時間の一環としてテレビを観ながら、お話をしながらバーズをやるとしたら?

 

お互いが合意の受けでしていることで、問題にはなりませんね。

 

このように、プロとして有料でやることと、親しい人達の間のコミュニケーションとしてやることには明確な区別があります。ギフレシ会はある意味その中間なのかもしれませんね。

 

ちなみに、ギフレシ会とは、バーズプラクティショナーがお互いにどこかに寄り合ってセッションを交換し合う会のことです。

 

あとは、映画音楽はストーリー性があるので、様々な思い出と共に自分のトラウマが浮上しやすい、ヘビメタは攻撃性が浮上しやすいなどがあるようです。

 

バーズの創始者のギャリーさんが折に触れて、言ったことが、常にそうしなければいけないとなることも多かったようです。ヘビメタについてはずっとそれをやり続ける必要はもちろんなく、ギャリーさん自身もはっきりと言っています。 

 

まあ、そんな風になんだか分からないことがあったけれど、セッションはなかなか面白いし、もっと知りたいから、再受講もしてみました。

 

そのうちに私から習いたいと言う方が出てきて、3回の受講を終えてバーズファシリテーターの登録をしました。

どうしてよいかよく分からない事がいっぱいありながらも、私は進んでいきました。そして、上のクラスに行けばそれらが解決できるのではと思ったのでした。

 

 

 

まだ、当時学んだアクセスボディプロセスがとても面白く、これも教えられるようになりたいと考えるようになりました。

 

 

 

アクセスボディファシリテーターになるためには、ファンデーションクラス受講、さらに3DAYボディクラスを受講する必要がありました。その頃になると、海外に上のクラスを学びに行く人も出てきて、一足先にボディファシリテーターになった方もいました。

 

私は何せ英語が苦手なのですし、とても海外に行って学ぶのは出来ないと思っていました。

 

それに、ファンデーションクラスも3DAYボディクラスも、当時で受講費が15万円くらいだったか、そこにアメリカに行く飛行機と宿泊がかかるわけで、経費も大変です。

 

ところが、ほどなくしてチャンスがやってきました。

 

2015年8月に東京でファンデーションクラスと3DAYボディクラスが連続7日間で開かれるようになったのです。

 

さっそく申し込みをして受講をしたのでした。

ーーーつづくーーー

0 コメント

考察5:アクセスバーズ・アクセスボディの考察

私が、アメリカのアクセスコンシャスネスで提供している「アクセスバーズ」「アクセスボディ」「アクセスエナジェテックフェイスリフト」に出会ったのは2,015年の春。それから7年が経とうとしています。ふと、それを振り返ってみて、その間にどんな事を感じ、どんな経験があったのかも含めてこれらを考察して書いてみたくなりました。あくまでも私の私見であることを加えておきます。

【その5】

 

アクセスバーズのシステムは、1日講座を1回受講をするとバーズファシリテーターとしてアクセスコンシャスネスに登録されて、バーズプラクティショナーになります。

 

それで家族や友人、またクライアントさんへ有料でセッションをすることも出来るようになります。

 

 もしも、ファシリテーターとして、バーズ1日講座を開きたい人は、3人の違うファシリテーターから1日講座をそれぞれ受講して、所定の費用を払って登録すればなれます。

 

私が最初になんだかもやもやして違和感があったのは、正直この点でした。

 

というのは、2015年当時は日本でのバーズが広がり出したところでしたから、何となく、小学校を卒業した人が小学生の先生になって教えているように感じたのです。

 

みんな、バーズって何?っていまいち分からないけれど、取りあえず目の前にはアクセスバーズのセミナーしかありません、結局はファシリテーターの資格は得て、教えているというそんな印象です。

 

バーズの技術そのものについてだけでなく、ツールのことやバーズセッションのあり方など、色々と疑問もありましたが、どうも合点がいかない歯がゆい思いがありました。

当時のバーズマニュアルは、英語が並んでいて、私は英語が苦手だったので余計にストレスが多かったのです。

 

英語だけでなく、カタカナも多くって、本当にわかりにくいとは思いました。

 

バーズ1日講座では、バーズの技術だけでなく、その他のツールも学ぶのですが、ファシリテーターから聞いた事例などもどうも抵抗感がありました。

 

アクセスコンシャスネスで使われている、クリアリングステートメントというのがあります。それは、ある文言ですが、それを使って出てきたエナジーを消去します。

 

バーズの時に、言葉をつかってある質問をして湧き上がってくるエナジー的な消去をしましたが、それが英語での質問でした。

 

言われたことは「???」で、ただ私達は「YES」と答える訳です。

ひねくれた私は、これ何を聞かれているんだろう、もしも私の奴隷になりなさいとかいわれたいたらイヤだわ~とか、へんな発想がわいたモノです。 

 

ファシリテーターになったら、その英語の質問をしなくてはなりません。

 

無理無理無理―――!!っていう感じでした。

 

それが私がファシリテーターになったころには、英語部分がどんどん日本語翻訳されていき、毎年マニュアルが改訂されるたびに、日本語訳がふえています。

 

まあ、英語から直訳している感じなので、日本語が分かりにくいというのは、今でも少々ありますが、それでも大いに前進したのは確かです。

私がバーズの価値を本当に理解というか、実感していったのは、バーズを始めてから1年位経ってからだと思います。

 

それまでも、もちろん効果はあると思っていましたが、色々とアクセスコンシャスネスに対しての疑念みたいなものもあり、それによって自分が受け入れを一部拒否してきた部分があったのです。

 

それらが、自分の中で溶けていったことで、バーズの価値をより感じやすくなったのかもしれません。

 

その間に、私は、もやもやも持ちながらも、ファンデーションクラス、3DAYボディクラス、SOPクラスと上位クラスを受けたのでした。

ーーつづくーーー 

0 コメント

考察4:アクセスバーズ、アクセスボディの考察

私が、アメリカのアクセスコンシャスネスで提供している「アクセスバーズ」「アクセスボディ」「アクセスエナジェテックフェイスリフト」に出会ったのは2,015年の春。それから7年が経とうとしています。ふと、それを振り返ってみて、その間にどんな事を感じ、どんな経験があったのかも含めてこれらを考察して書いてみたくなりました。あくまでも私の私見であることを加えておきます。

【その4】

 

正直な話、初回のセミナーは人口密度が濃くて濃くて、そのサロンに人がぎっしり、といっても全員で15名くらいでしたか、実習も床に寝た状態でやるのですが、隣の人が20-30センチくらい先には寝ている感じでした。頭部をやるほうはかなり体に負担がかかりました。ファシリテーターもなったばかりの方ですし、人数も多いので丁寧に教えてくれるわけではありません。マニュアルの図を見ながら見よう見まねでやる感じでしたが、それでも受けたときには途中から爆睡していました。

 

学んでから、すぐにヒューマン&トラスト研究所所長でレイドウレイキ主宰者でもある青木先生にやってみたら、以外にも「いいんじゃない」というお言葉をいただき、それですぐにセッションを始めました。

 

 

 

バーズのセミナーの時には映像を見ながら学ぶ時間もあるのですが、以前はバーズは10回やればエネルギーの感覚とか分かるようになると言っていたのですが、最近では、バーズの習得は練習、練習ですよ、25回位やってみるとちゃんと出来るようになりますよと言うようになっています。

 

まあ、レイキもそうですがまずは実際にやってみることが大事なのは王道の考え方ですよね。

 

バーズのセミナーを受ければすぐにプラクティショナーとして登録されて有料のセッションも出来るようになります。しかし、今まで何も経験のない素人(?)の方が習ってすぐにプロでやるのは難しいだろうなとは思いました。

 

ただ、今まで講座セミナーを開いてきて感じるのは、やはりマッサージ師や整体師、鍼灸師、エステティシャン、美容師さんなど人の体に触れるお仕事をされている方は最初から本当に上手に出来ます。

 

 

 

話は戻りますが、最初のころに10回やるとエネルギーの感覚が分かるようになると言っていた話、なぜか10回バーズセッションを受けたら人生が変わるという話になっていると仲良くなったファシリテーター仲間が言っていました。それでクライアントさんが10回を目指してやってくるのよ~と。

 

まあ、私のところにはそういう人はいなかったですが、実際にバーズを10回とか週に一回くらいでも受けたら、かなり色んなことが変化してくるかもしれませんね。

10回と区切ることは無く、例えば今ではアクセスコンシャスネスの共同創始者としてギャリーさんと一緒に仕事をしているディーンさんは、自殺をしようと考えていた時にシャノンさんのバーズを受けて、その1回で自殺への思いがなくなったのですから、ディーンさんの受け取りがそこで起きたということでしょう。

 

なので、まずはバーズを受けてみるのをお勧めします。

 

 

 

アクセスバーズ1日講座では、何もエネルギーワークや手当法などを学んだことの無い人も、ちゃんと出来るようになるようにセミナーでは工夫をしながらお伝えしています。

 

セミナーでは2回づつ実習をしますので、そこでまずバーズを体験することも出来ますが、出来ればその前に一回でもバーズの施術を受けていると良いかなとは思います。

 

どんなことを学ぼうとしているのかが分かるとよりスムーズに入ってくるとは思います。

 

 私自身はバーズセッションを受けること無く、ストレートに講座に行ってしまいましたが、本当にどんなことをするのか分からないなかでした。それは日本で広がり出した初期の段階だったからほとんどの人がいきなり講座を申し込んでいたのではと思います。

 

2,015年の初頭から春にかけて、とにかくバーズファシリテーターのもとにはぞろぞろとたくさん受講者が集まったのです。

20-40人くらい集まるところもあったそうです。

 

狭いワンルームでも10名くらいあつまってギシギシの状態でやる人気のファシリテーターも出てきました。

 

それはひとえにアクセスバーズのシステムによるところが大きかったのです。

0 コメント

考察3:アクセスバーズ・アクセスボディの考察

その2でバーズの効果に気がつくまではと書いていますが、効果がなかったということではありません。

ただ、それ以上にアクセスボディが面白かったということです。

 

バーズは頭の疲れを取るのにとても効果的です。

私がバーズを学んだ動機もそこにあります。

日々、レイキのセルフヒーリングなどもしていましたが、どうも私は事務仕事が苦手なもので、パソコンで経理をやったりすると頭がとても凝ってしまったりしておりました。

なので、何か頭を休めるものを取り入れるとよいなと思っていたのです。

 

2015年の1月だったと思います。テレビで超絶睡眠という興味深いキャッチフレーズでヘッドへのアプローチのお店があるのを知りました。ジャニーズの子が体験していて、あらぁ何だか気持ちよさそう!と思いすぐに電話をしたら、超人気のせいか、1ヶ月以上先の予約になります。

それで、3月の日程で予約をしたのです。

当日、普段行かない表参道まで出向いて、受けてみました。

確かに気持ちよく私は途中から寝ておりました。

基本レイキでもバーズでもよく寝るタイプなので、それはまあ自然なことでしたが、ソフトタッチなので安心して寝られる感はありました。

終わったときには頭がスッキリしたのですが、その後、帰ろうとして表参道に出た瞬間、先ほどまでの楽な状態はふっとび、あっという間に効果が激減…

とても心地よかったのですが、それもひとときで終わってしまったのでした。

 

うーん?? レイキヒーリングの方が頭も休まるし効果もつづくな~というのが正直な感想でした。

 

(とはいえ、これはあくまでも私の体験の話です)

 

それに、やはりヘッドマッサージなので、いわゆる揉む作業な訳で、そういうのを受けるのも時にはよいけれど、自分が学んで提供するものではないと感じました。

そのまましばらく経って、4月になったある日、私の元にアクセスバーズの情報がやってきたのでした。

 

以前に学んだヒーリングの方が、自分のサロンにバーズファシリテーターを招いてセミナーを開催することになったと言うことでした。

 

その時に脳の断捨離という言葉が入っていたのか?ちょっと不確かではありますが、とにかく脳の疲れをとる技術なんだろうなとは思いましたが、直感でこれは面白いかもと思ったのです。

 

全くどんな手法なのかも分からなかったのですが、開催されている方が、よい方なのは分かっていたので、即申し込みをしました。

 

それにしても「バーズって何?」

 

初耳の言葉、

私はバーズってBirth=誕生っていうことなのかなと思ったのでした。

後に、このバーズはBarsであり、Barの複数形の言葉なのだと知ったのでした。

つまり棒とかそういう意味のバーですね

そして、脳にある特定の意識エナジーを格納しているバーをギャリーさんが発見して、そこに帯電している不要なエナジーを解放するのが、アクセスバーズでした。

0 コメント

パラレルワールドの不思議な感覚

今日はレイキマスター会でした。

最初に室温は23.5度、ちょうど良い室温でしたが、皆様が集まりアチューンメントをする時間には27.5度になっていました。みんなのエネルギー熱がすごい^^v

 

私は今日ちょっと不思議な体験をしました。

 

昨日観た、天間荘の三姉妹の影響もあるのかと思いますが、レイキマスター一同でやったマスターシンボルを使った発霊法の時に、不思議な感覚を感じていました。

 

ちょうど膜一枚を挟んで全く違う世界があるのを実感。

 

 

 

途中でそちらの世界の方に行っていた感じでした。

 

ああ、これがパラレルワールドなのかなと思ったりしました。

以下アクセスコンシャスネス関連のセミナー参加者募集中です

 

下記の日程はリクエストいただき既に開催が決定しています。

 

・11月19日バーズ1日講座

・12月4日BMM、90%脳能力活性

・12月5日フェイスリフト1日講座

・12月6日MTVSS

0 コメント

考察2:アクセスバーズ・アクセスボディについての考察

その2:アクセスバーズ・アクセスボディについての考察

アクセスボディがすごく面白いと思ったのは、一つは長らくやってきたレイキの手当法に似ているからとも言えます。私はマッサージとか整体とかそういう技術を自分がやるのはイマイチ合わないなと思っていましたので、手をそっと体に当てて行うアクセスボディの形態が合っていたわけです。

 

そして、何よりもアクセスボディの最初に受けたセッションがすごーーく気持ちよかったんです。

 

この時は、オーストラリアから着たご夫妻がセミナー講師でファシリテート、何種類かのアクセスボディプロセスのセミナーを数日にわけて開催していました。

 

ちょうど日程が合って、私はその中の2つを受講したのです。

 

たしか、MTVSSと、リンパだったと。

 

ペアを組んだ方とは今も交流が続いているのですが、ヨーガや整体やエネルギーワークに長けている方と、あと講師の男性ファシリテーターでしたので、ある意味ラッキーでした。

 

正直な話、講座としての内容はちんぷんかんぷんな面が多々あったのは事実です。

 

それは、短期間に何回も講座があるので、通しで受けていたり、午前中に説明がされているので午後からはその説明が省略されたりして、途中参加だと分からないことがある状態でした。

 

ただそれを超える位、これ面白いじゃんという気持ちが生まれたのです。

 

その後、他のファシリテーターからいくつかのアクセスボディを学びました。

 

 

 

補足ですが、アクセスボディは、全体の名前で実際にはその中に何十種類も細分化されたアクセスボディプロセスがあります。

 

講座は、1日に2つまで学ぶことが出来ます。ファシリテーターが開催出来るのが1日2つまでとなっているからです。

 

たくさんの種類があって、それぞれに特徴があります。

 

例えば、私が最初に習ったMTVSSはアクセスコンシャスネスの中でも古くからあるもので、体の誤作動をとり消す作用や、パワーチャージなどにも使えます。MTVSSは非常に汎用性が高いので迷ったらこれというかんじでしょうか。

 

またリンパは、文字通りリンパの流れを促進するようなボディプロセスです。

 

リンパを流すと行っても、リンパマッサージの様に揉んだりさすったりするのでは無く、手を当ててエナジーを起動させていくのです。

 

一度学ぶと、そのプラクティショナーとして人に施術(最近はトリートメントと言う言葉が推奨されているようです)をすることが出来るようになります。

 

時間は3-4時間とごく短い時間の講習ですし、実習ベースのセミナーです。

 

やり方は簡単ですが指定されたポジションなどが決まっています。

 

レイキの様に波動調整のアチューンメントなどもありません。

 

手当によって相手のエナジーを起動させる力は誰にでもあるという考え方に基づいて、一定の文言を使ってそれをしていきます。

 

(やり方は公表することは出来ませんので、このような書き方になります。)

 

私はラッキーなことに、出会ってすぐの2015年8月に3DAYボディクラスを受講出来ました。

 

それにより、そのマニュアルに載っている50-60種類の全てのボディプロセスを施術したり、教えたりすることが出来るようになったのです。

 

そこからは色々と試しましたよーーー

施術もセミナーも、色々な種類のアクセスボディを開催、どれもなかなか手応えがありました。

正直なはなし、アクセスバーズよりもボディの方が楽しいかもと思っていました。

それは後に、バーズの効果に気がつくまでの間ではありますが。

 

ーーつづくーー

 

0 コメント

バーズ・ボディ・フェイスリフト講座参加者募集中

しばらく、システムの不具合?なのか更新が出来ずにいました。

11月から12月、リクエスト頂き開催決定しているセミナーがたくさんあります。

アクセスバーズも、フェイスリフトも、アクセスボディもありますよ~^^v

下記はどれも開催が確定しています。定員は4名です

 

アクセスバーズ1日講座

アクセスバーズ1日講座

日時 11月19日(土)10:00-18:00

受講費 36,000円 再受講18,000円

「BMM」+「90%脳活性」アクセスボディ

アクセスボディ「BMM」+「90%脳能力の活性」の2つ

12月4日(日)12:30-17:00

受講費 18,000円

 

続きを読む 0 コメント

考察1:アクセスバーズ・アクセスボディの考察

その1-6:アクセスバーズ・ボディについての考察

システムの不具合か、ずっと更新が出来なかった間に、記事が1から6まで進んでいましたので、一気に載せます。

 

 

ヒューマン&トラスト研究所では、レイドウレイキを軸に29年、私は、レイドウレイキ以外に、カルナレイキ、セイキムレイキも担当しています。

 

レイキに関してはそれ以外にもいくつか学びましたが、効果的なものということで3つになっています。

 

それ以外に、2015年にアメリカのアクセスコンシャスネスに出会って、アクセスバーズ、アクセスボディ、アクセスフェイスリフトのセッション(施術・トリートメントともいう)と資格取得講座セミナーを開いてきました。

 

実はちょっと思うところがあって、今日から数回に分けて、このアクセスコンシャスネルとアクセスボディのことについて書いていくと思います。

私の正直な思いを書いているので、時に辛辣な言葉が出るかもしれません。

 

今は2022年、アクセスバーズを始めてから7年も経っていました。

レイキは30年近いからそれに比べれた全然短いですが、同じ技術を7年続けてきたというのは、やはり効果を感じ、自分にフィットしたからです。

 

アクセスコンシャスネス(以下アクセスと表記)の最初の技術、アクセスバーズ(以下バーズと表記)のもとになるものは1991年にギャリーダグラスさんにやってきました。バーズはチャネリングによって得られた情報だと伝えられています。しかし、それをチャネリング技術無しに、だれでも出来るようにと工夫をして、一般的なリラクセーションやトリートメント技術として確立したのが現在のバーズです。

 

アメリカで始まったバーズですが、日本ではなかなか普及することはなかったのです。

それはバーズを教えるバーズファシリテーターがごく少数だったからです。

 

私が聞いた話なので完全な話ではありませんが、2014年12月の段階で、日本在住の日本人バーズファシリテーターは1名だったとのこと。

 

しかも、バーズファシリテーターになるときには、3名の別のファシリテーターに学ぶ必要があるので、日本国内にいてファシリテーターになるのが非常に難しかったのです。

 

それが、海外在住の日本人ファシリテーター、オーストラリアに移住した日本人ファシリテーター、国内にいた外国人ファシリテーターなどが数名登場したことで、何人かの日本人ファシリテーターが生まれたのが2015年初頭あたりです。

 

その方々が、あるヒーリンググループの人だったりしたこともあり、口コミとSNS拡散によって何十人かのファシリテーターから一気にバーズは広がっていきました。

 

私もちょうど2015年の春にバーズを知り、とても面白い施術だと感じ、そのまま、バーズをセッションメニューに加えるようになったのでした。

 

実は、最初はアメリカの山の物とも海の物とも分からない技術だし、そもそもやっている人達がどんな人かも分からなかったので、セッションとしては面白いけれど、「アクセスバーズ」という名称で出す事へのためらいもあったくらいで、私は「脳内デトックスヒーリング」という名称にして、脇にアクセスバーズと記入するような形式で始めたのです。

 

あるときに、これを教えて欲しいと言って下さる方が出てきて、自分もファシリテーターになることにしました。

 

またバーズの少し後に、アクセスボディの存在を知ったのです。

アクセスボディは、掌全体を体に当てる手当法です。

施術をしているスタイルはほぼレイキと一緒なので、写真でみるとどちらも同じような風景になります。

そして、そのアクセスボディがとても面白かった!

 

効果もあるし、細かい内容に分かれているので、それも適材適所に使いやすいかなと思ったりして、私はバーズ以上にアクセスボディの方に興味を持ちそれを教えられるようになりたいと思ったのでした。

 

日本では急速にアクセスバーズが広まっていきました。

 

その恩恵で、アメリカ本部も動いて、2015年の夏にギャリーさんの義理の娘シャノンさんが来日、ファンデーションクラスと3DAYボディクラスが開かれて、私も参加、めでたくアクセスボディファシリテーターになりました。(現在はボディファシリテーターになるのは、3DAYボディクラスを2回受講となります)

 

そこから、アクセスバーズと共に、アクセスボディも平行してレッスンをするようになりました。

数年の間、かなりの頻度でセミナーを開催してきました。

そして、アクセスボディの効果を実感することも多々あったのです。

 

ーー続くーーーー

0 コメント

10月9日10日、フェイス・バーズ講座参加者募集

直近になりますが下記セミナー参加者募集します。

どちらも参加資格は特にありません。1日セミナーを受講すると、エネルギーワークで自分や人に施術が出来るようになります。

アクセスフェイスリフト1日講座

アクセスフェイスリフト1日講座

日時 10月9日(日)10:30-17:30

参加費 47000円 再受講23500円

 

アクセスバーズ1日講座

アクセスバーズ1日講座

日時 10月10日(祝)10:00-18:00

参加費 36000円 再受講18000円

0 コメント

レイキ、セルフヒーリングについて

今日は、私がやっているもうひとつのヒーリング、レイキについて書きます。

レイドウレイキではまず第一段階で、自分で自分にレイキを流すセルフヒーリングから初めていきます。

 

レイキは大正時代に日本で生まれたヒーリング手法です。

それが、現在では世界中に広がり、ヒーリング技術としては世界的に著名な手当療法となったもので、英語的にはハンズオンヒーリングの一種です。

レイドウレイキでは、第一段階ではショートレイキという座って気軽に簡単にレイキを施す方法もお伝えします。

しかし、第一優先はまずは自分で自分にレイキを流すことです。 

 

アチューンメントという波動調整をレイキマスターから受けてレイキの流れる回路が出来たとしても、それを流してよりスムーズにそして蕩々と流れるレイキにしていくのは、使い手である自分自身の修養でやっていくものだからです。

 

レイキの謳い文句に「修業訓練不要で誰もレイキが使えるようになります」というのがありますが、それは本当であり、また方便とも言えるかもしれません。

 

世界的には、一回アチューンメントを受けたら一生有効だからと思っている方が多数いるかと思います。

だから何にもしなくてもよいと言うこととは違います。

しかし、修業とも違います。

昔ちょっと学んだ気功法では1日8時間の修練が必要だと言われていました。

それこそ修業ですね。

 

それに比べてレイキでやるべきことは、まずは、セルフヒーリングで自分に手を当ててリラックスする時間を作ること、そして、レイキ2になるとそれに発霊法という瞑想法が加わります。それは15分ほどでやるものです。

 

世の中でマインドフルネスが流行りましたが、それよりもストーリーがあるので実践しやすいものです。

 

セルフヒーリングの推奨時間は30分程度ですし、寝転がりながらでも出来ます。寝ちゃうとだめだけれど^^;

それにより自分との対話が生まれます。自分の体と心、魂との繋がりが深くなっていきます。

 

レイキのセルフヒーリングをするということは、ただ手を当てるという漠然とした行為ではなく、自分に焦点があっているのです。

天界から降り注ぐ高次元宇宙エネルギー=霊気との繋がりがさらに深く、そして受け取るエネルギー量も増えていきます。

 

そして、セルフヒーリングだけでなく、日々の生活の中で活用していきます。

 

レイキは人間だけでなく、いろいろなことに活用出来るのです。

 

人間は人との関わりを通して学ぶことがとても多いです。

 

そこで、自分の光と影をしるとでもいいましょうか、そこが自分を磨くチャンスにもなります。

自分を知ることが、実は自分を成長させることになるのです。

セルフヒーリングはバランスを取り戻すことにも貢献します。

 

「与える」と「受け取る」その調和が取れたときのセルフヒーリングは素晴らしいです。

人から受け取るのと同じ、いや場合によってはそれ以上の感覚が来ることがあります。まあ、希ではありますが、私もその経験を何回かしました。

宇宙との一体感とでもいいましょうか、それが一人の世界の中で完結するのです。

 

修養とは何かを国語書で引けばgooによれば、

知識を高め、品性を磨き、自己の人格形成につとめること。

とあります。

 

レイキの使い手は、レイキヒーリングの実践と貢献を通して、人格向上、霊性向上を目指すものなのでまさに、修養が合致しているのです。

 

レイキとアクセスバーズの相性はかなり良いものだと私は考えています。

体験的にも、このコンビネーションのセッションは深いリラックスと解放、充電にとても役立っているのです。

0 コメント

アクセスコンシャスネスからヒーリングNGのメール

9月20日にファシリテーター宛に来たメール。

アクセスバーズやボディなどの広告、プロモーションに「ヒーリング」という言葉を書いたり言わないようにというお達しがきました。

それに関してのコールを聞いてみたら、日本語だとちょっと「ヒーリング」という言葉の使い方の感覚がちがうかもしれないと感じました。

 

日本語で言うところの「治す」「治療」という言葉と一緒になっているようです。

 

簡単に言えば、アクセスを受ければ病気が治るという様なことを言ったりしてはいけないということですね。

 

この事は私は気をつけています。

 

とはいえ、私はアクセスバーズのことを「脳内デトックスヒーリング」という言葉も使ってプロモーションをしているので、さて、今後どうしようかと考えなくてはいけませんね。

アクセスコンシャスネスの技術もそうですし、レイキヒーリングの場合にも、医療行為ではないということを明確にしています。

 

ヒューマン&トラスト研究所では、お互いにそれを確認するために、初回のセッション(施術)の際に、シートに記入を頂くと共に医療行為ではないことを明確にして、それを受ける人も認識していただき、誓約書にサインナップして頂いています。

 

 

 

ちなみに、この事に関しては、中国での取り締まりがきっかけになっているようです。中国では他のヒーリングモダリティや、気功法なども人気が出てくると取り締まられたりすることがままあります。

 

この詳細についてはブログで公開するのは得策ではないように感じますので書きませんが、ファシリテーターの方にはメールが来ていると思いますので、ご確認ください。

 

バーズプラクティショナーの方にはそのメールが来ているかはちょっと分かりません。

 

来ていないかもしれないので、必要な方には、バーズ再受講のタイミングや、あと私のところで受講された方で質問があれば分かる範囲でお答えしようと思います。

 

0 コメント

10月のアクセスバーズ・フェイスリフト講座

9月も後半、10月のアクセスコンシャスネス関連のセミナー予定をお知らせいたします。

アクセスバーズ1日講座

開催日

・10月5日(水)10:00-18:00

・10月10日(月祝)10:00-18:00

受講費

 初回受講 36000円 再受講 18000円

定員 1-4名

受講資格 特にありません。

アクセスバーズは、脳疲労軽減や考え癖やパターンを変えるのに役立ちます。講座ではアクセスバーズの技術だけでなく、生き方考え方の参考になるアクセスコンシャスネスのツールも色々と学べます。

 

そして、アクセスにはフェイスリフトもあります。

 

こちらは美容、アンチエイジングなど見た目を変えるという効果が高いですが、その中ではバーズ同様モノの見方考え方を変化させて自己意識が変わっていくことにも貢献できます。

 

例えば、10月11月はウエディングシーズンでもあります。

 

結婚式を挙げる前に、ウェディングエステを受ける方もいるかと思いますが、もちろん、プロの手でやってもらうことは大いに役立ちますが、日々自分でもケアが出来たら、その効果をより持続させることを意図することも出来ます。

 

自分にするだけでなく、人に出来るようになりますので、家族や友人などに気軽にセッションを提供したり、また、プロとしてお金をいただきセッションをすることも出来るようになります。

 

続きを読む 0 コメント

心の穏やかさを取り戻すバーズ&レイキ

Iさんから、アクセスバーズとレイキの100分セッションを受けた感想をいただきました。

いくつかの仕事を掛け持ちされているIさん、あまりに忙しくてあれもこれもと常にいくつかのことに頭を動かしています。

Iさんに限らず、そんな状態が続くことで、帰って仕事でミスが出たり、忘れ物をしたり、怪我をしたり、そういうポカを招くこともあります。

 

自分があまりにきつくなる前にちゃんと自分のメンテナンスをすることは非常に大事なことです。

今回、特別セッションの切符を手にしてくれて、仕事のやりくりをして自分メンテナンスのための時間を作って下さいました。

感想をいただきましたので、掲載します。

深い眠りのバーズ、金のエネルギーが注ぎ込むレイキ・・・Iさん

このところバタバタと動いていて、どんよりと頭も体も疲れているのを感じていましたので、小川先生の施術を楽しみにお伺いしました。

バーズ、レイキと施術をしていただきましたが、バーズの頭部のポイントに小川先生の手が触れると関連しているであろう体の部分が、ピリピリ反応しているのを感じたましたが、それは束の間、すぐに深い眠りに入りました。

寝ていたのは一瞬だった感覚で、気づいた時は小川先生のバーズとレイキの仰向けの施術が終わり、うつ伏せのお声掛けをしてくださった時でした。

そしてそれからは、うつうつと夢心地で、小川先生の優しい手が背中の疲れている箇所に触れて、温かくて気持ち良くて癒やされているのを感じました。

 

夢心地の中、その後の意識のは、頸椎からゴールドに光る水が入り体がポカポカしてきました。夢心地は更に続いて、気づくと森林浴を浴びて施術は終わりました。

 

心地よい不思議な癒やしの贅沢な至福の時間を過ごす事ができました。

先生の施術から数日経った今も、無の境地が続いて気分が良いです。

忙しさで自分の体と心を忘れがちですが、自分自身を大切にする時間が必要だと、改めて感じています。

どうもありがとうございました。

---------

以上

お釈迦様の話に、釈迦が生まれた時に天より甘露の雨が降り注いで体を清めたというお話がありますが、頭頂から入ったゴールドの光る水は正に甘露の雨ともいえるかもしれませんね。

 

この度は、セッションをうけていただき、ありがとうございました。

 

小川典子の担当セッション(施術)は

 

アクセスコンシャスネス関連

 ・アクセスバーズ

 ・アクセスボディ

 ・フェイスリフト  

レイキヒーリング関連

 ・レイドウレイキ

 ・カルナレイキ

 ・セイキムレイキ

 

これらを単体、または組み合わせてセッションをさせていただいています。

完全予約制です。平日・土日共に10:00-18:00の間で設定しています。

セッションだけでなく、上記習得のセミナーも開催しています。

0 コメント

身も心も解放の100分バーズとレイキ

100分のアクセスバーズとレイキのセッションを受けて頂きありがとうございます。

色々な感情が背中に蓄積されていたSさん、自分のことだけでなく家族や周囲の心配事が重なると、表面的にはぐっと堪えていても、エネルギー的に押さえ込まれたものが溜まってしまうことがありますね。

 

ちょうどそんな感じだったのだと思います。

アクセスバーズでデトックス、そして、レイキで体に蓄積していた感情のエネルギーが解放されたようです。

 

特に、背面になった時に、ハートチャクラの裏側や背骨周りを念入りにレイキをしたのですが、それにより、バンッと弾けるように感情が解放されていきました。

感想をいただきましたので、掲載させていただきます。

 

↓↓

思っていた以上にレイキヒーリングに反応した驚き・・・Sさん

今日はアクセスバーズとレイキヒーリングの特別セッションをありがとうございました。

プライベートで色々なことが重なり、気持ちが塞ぎがちだったので申し込ませて頂きましたが、小川先生の温かいエネルギーに包まれて、最後には胸のつかえが取れて、思わず涙が溢れてきました。

 

自分で思っていた以上に、心がヒーリングのエネルギーに反応したようで驚きましたが、おかげさまで、すっかり軽くなりました。

 

また、五十肩がすっきり治っていないため、うつ伏せの時に手を上に上げることが出来なかったのですが、レイキヒーリングの時に、自然に手が上がっていたことに気がついて、ビックリすると共に、とても嬉しかったです。

 

セッション後は、青木先生もランチにご一緒して下さって、近況報告をすると共に、レイドウレイキの新しい活動を聞かせて頂いたり、ドイツ人の留学生のレイキヒーリングの論文を見せて頂いたりと、楽しい時間を過ごすことが出来ました。

 

さらに、懸案事項だった実母の認知症疑惑について、小川先生から経験に基づく貴重なアドバイスを頂けたので、早速、対応したいと思いました。

今日一日で色々な悩みが解消し、身も心も軽くなって帰路に着きました。本当にありがとうございました。

ーーーーーーー

以上です。

今回のセッションで、思いがけない効果として、五十肩の痛みがなく腕を上げられたこともあります。

 

色々と治療をしていて、大分よくなってきたものの、数日前のある治療の時には、うつ伏せで両手を挙げることが出来ず、片方だけをあげていたそうですが、それが、レイキの前面が終わり、うつ伏せになっていただいた時には、ごく自然に両手は顔のあたりにあげて置かれていました。

 

私はSさんから五十肩のことは聞いていなかったので、後からご本人がびっくりしたと言われていて、私もそれは良かったと思いました。

0 コメント

バーズとレイキ、贅沢な100分セッション

脳の断捨離、デトックス効果の高いアクセスバーズと、深いリラックスで自然治癒力増進に役立つレイキヒーリングを組み合わせした100分セッション。

 

その感想をいただきましたのでご紹介します。 

 

【贅沢な100分セッションでスッキリ・・・Mさんからの感想】

バーズ&レイキの100分セッションをありがとうございました。

今までも、80分のおまかせセッションで、アクセスバーズやレイキを体験しておりましたが、今回は、たっぷり100分でとても贅沢な時間を過ごさせて頂き、ありがとうございました。

 

特に、前半の頭のゴミを取る?アクセスバーズが大変気持ちよく、最初、頭の中が真っ白になったなぁ、と思った直後から爆睡状態に陥りました。

途中で何度か、うっすら意識が戻りましたが、頭を触られている手の感覚が、同時に3箇所くらいあり、あれ?手の数が多いな?と不思議な感覚になりました。

 

 

後半からは、ボディ部分にレイキで、じんわりとあたたかく、当日は涼しい日でしたが、うっすらと汗をかくほどでした。

セッション後は、頭が非常にスッキリとして、頭の中の一部が掃除され、頭が軽くなったように感じました。

とても気持ちよかったので、また、アクセスバーズとレイキの組み合わせのセッションを受けてみたいです。

ありがとうございました。

ーーーーー

Mさんには、今まで何回もセッションを受けて頂いています。

 

特にここ1-2年は、普段と異なることで頭を使うことが多かったので、お任せの時にはアクセスバーズは必ずやっていました。

 

また、体に影響があるときには、レイキやアクセスボディのMTVSSなどが効果的に効いています。

 

これからも、頭と心身調和と健康のためにどうぞ、ご活用下さい。

 

0 コメント

100分セッションで存分に

今日明日と、自殺予防デー特別価格セッションをしています。(ご予約は終了しています)

 

100分のセッションです。

 

まず最初にアクセスバーズをやっていき、その後にレイキヒーリングです。

 

季節の変わり目もあるし、コロナ禍でのお疲れもあり、バーズもよくランして、レイキも良く流れます。

 

*「ラン」はアクセスコンシャスネスの中で、エナジーが動くとか流れるとか放電するとかそういう時に使っている英語でそれをそのまま日本語のカタカナになっています。

 

100分の間、集中しています。

額にシワを寄せるような集中ではなく、クライアントさんに意識は向けつつ、そこはかとなく集中とでもいいましょうか、バーズもレイキもエネルギーは自分にも作用しているので、途中でものすごーく気持ちよくなってしまうこともあります。

 

自分のバーがもうビリビリと放電しているを感じたり、レイキの時には自分が大きな道管になり、そのうちに全てと一体になる感覚など、その時々のセッションでの感じ方があります。

明日はまたどんな感覚が待っているのでしょうか

 

皆様との出会いに感謝です。

レイキヒーリング(レイドウレイキ・カルナレイキ・セイキムレイキ)、アクセスコンシャスネス(バーズ・ボディ・フェイスリフト)のセッションを私は担当しています。

 

【セッション料金】

★50分 11,000円 

スタンダードなコース、どれか一つの内容でフルセッションを受けられる位の時間です

 

★80分 15,000円  

一番人気はこちらの80分のお任せコース、80分以上だと組み合わせでより深いリラックスと開放と充電がしやすいです。

 

★100分 20,000円 

こちらは今回の特別価格セッションでも提供した100分ですが、豊かな時間を過ごせますよ~

 

そして、9月12日から14日はリロケーションで、ヒューマン&トラスト研究所ヒーリングセンターには私は不在です。

ちょっと気になっていた初めて宿泊するホテルの予約をしていますので、それも楽しみです。

0 コメント

カルナレイキアップグレードについて

来週そうそうにカルナマスターのアップグレードのセミナーを開催します。

 

アップグレードセミナーはオンラインで受講出来ます。

 

 

 

そして、これを受けたカルナマスターはオンラインでのセミナーの開催が可能となります。

 

コロナ禍の前までは、カルナレイキは直接の伝授のみでした。

 

それが、コロナの世界的な流行のせいで、各地でロックダウンや行動制限が始まり、レイキヒーリングの施術や、レイキの伝授をすることが難しくなりました。

 

その時に、ある存在達が登場して、カルナレイキをより強化してオンラインでも出来るようになったという経緯があります。

 

正直な話、オンラインにするための方便のようにも思えますが、確かに新しい存在達が来たことで変化した部分はあるように感じます。

 

もともとのカルナレイキのシンボルなどに変更はありません。

 

また、アップグレードのカルナレイキが出てきたことで多少のシステム変更も出ました。

 

私は1999年にカルナマスターになり、それ以来20年以上にわたってカルナレイキを伝授してきましたので、何百人かの方に伝授しました。(すいません、そういう人数をカウントするのにあまり興味が無い人なのでざっくりです)

 

現在は、アップデートされたカルナレイキマスターと、そうでないカルナレイキマスターが混在しています。

 

それで、アップデートカルナマスターはオンラインでの伝授が出来ます。さらにそこから学びカルナレイキマスターになった場合には、オンライン・対面問わず、その後オンラインでの伝授も可能になります。

 

アップデートされていないカルナマスターの場合は、対面のみの伝授で、その流れでカルナマスターになった方も対面のみが可能です。もしも、対面ではなくオンラインを希望する場合には、アップグレードのためのセミナーを受講して、アップグレードされたアチューンメントをあらためて受ける必要があります。

 

カルナレイキマスター向けアップグレードセミナー

受講資格 カルナレイキマスターであること、認定証の画像をメール下さい。

 

受講費 44,000円

 

新しいカルナマスターのマニュアルを持っていない場合には、別途4,920円(日本支部に発注するマニュアル代と送料)がかかります。持っている方は不用です。

ご興味のある方はお問い合わせ下さい。

*アップグレードセミナーはアチューンメントのやり方を教える内容ではありません。オンラインでのアチューンメントのやり方、アップグレードのアチューンメントを受けて頂くことが内容となります。

 

0 コメント