10月9日10日、フェイス・バーズ講座参加者募集

直近になりますが下記セミナー参加者募集します。

どちらも参加資格は特にありません。1日セミナーを受講すると、エネルギーワークで自分や人に施術が出来るようになります。

アクセスフェイスリフト1日講座

アクセスフェイスリフト1日講座

日時 10月9日(日)10:30-17:30

参加費 47000円 再受講23500円

 

続きを読む 0 コメント

レイキ、セルフヒーリングについて

今日は、私がやっているもうひとつのヒーリング、レイキについて書きます。

レイドウレイキではまず第一段階で、自分で自分にレイキを流すセルフヒーリングから初めていきます。

 

レイキは大正時代に日本で生まれたヒーリング手法です。

それが、現在では世界中に広がり、ヒーリング技術としては世界的に著名な手当療法となったもので、英語的にはハンズオンヒーリングの一種です。

レイドウレイキでは、第一段階ではショートレイキという座って気軽に簡単にレイキを施す方法もお伝えします。

しかし、第一優先はまずは自分で自分にレイキを流すことです。 

 

アチューンメントという波動調整をレイキマスターから受けてレイキの流れる回路が出来たとしても、それを流してよりスムーズにそして蕩々と流れるレイキにしていくのは、使い手である自分自身の修養でやっていくものだからです。

 

レイキの謳い文句に「修業訓練不要で誰もレイキが使えるようになります」というのがありますが、それは本当であり、また方便とも言えるかもしれません。

 

世界的には、一回アチューンメントを受けたら一生有効だからと思っている方が多数いるかと思います。

だから何にもしなくてもよいと言うこととは違います。

しかし、修業とも違います。

昔ちょっと学んだ気功法では1日8時間の修練が必要だと言われていました。

それこそ修業ですね。

 

それに比べてレイキでやるべきことは、まずは、セルフヒーリングで自分に手を当ててリラックスする時間を作ること、そして、レイキ2になるとそれに発霊法という瞑想法が加わります。それは15分ほどでやるものです。

 

世の中でマインドフルネスが流行りましたが、それよりもストーリーがあるので実践しやすいものです。

 

セルフヒーリングの推奨時間は30分程度ですし、寝転がりながらでも出来ます。寝ちゃうとだめだけれど^^;

それにより自分との対話が生まれます。自分の体と心、魂との繋がりが深くなっていきます。

 

レイキのセルフヒーリングをするということは、ただ手を当てるという漠然とした行為ではなく、自分に焦点があっているのです。

天界から降り注ぐ高次元宇宙エネルギー=霊気との繋がりがさらに深く、そして受け取るエネルギー量も増えていきます。

 

そして、セルフヒーリングだけでなく、日々の生活の中で活用していきます。

 

レイキは人間だけでなく、いろいろなことに活用出来るのです。

 

人間は人との関わりを通して学ぶことがとても多いです。

 

そこで、自分の光と影をしるとでもいいましょうか、そこが自分を磨くチャンスにもなります。

自分を知ることが、実は自分を成長させることになるのです。

セルフヒーリングはバランスを取り戻すことにも貢献します。

 

「与える」と「受け取る」その調和が取れたときのセルフヒーリングは素晴らしいです。

人から受け取るのと同じ、いや場合によってはそれ以上の感覚が来ることがあります。まあ、希ではありますが、私もその経験を何回かしました。

宇宙との一体感とでもいいましょうか、それが一人の世界の中で完結するのです。

 

修養とは何かを国語書で引けばgooによれば、

知識を高め、品性を磨き、自己の人格形成につとめること。

とあります。

 

レイキの使い手は、レイキヒーリングの実践と貢献を通して、人格向上、霊性向上を目指すものなのでまさに、修養が合致しているのです。

 

レイキとアクセスバーズの相性はかなり良いものだと私は考えています。

体験的にも、このコンビネーションのセッションは深いリラックスと解放、充電にとても役立っているのです。

0 コメント

アクセスコンシャスネスからヒーリングNGのメール

9月20日にファシリテーター宛に来たメール。

アクセスバーズやボディなどの広告、プロモーションに「ヒーリング」という言葉を書いたり言わないようにというお達しがきました。

それに関してのコールを聞いてみたら、日本語だとちょっと「ヒーリング」という言葉の使い方の感覚がちがうかもしれないと感じました。

 

日本語で言うところの「治す」「治療」という言葉と一緒になっているようです。

 

簡単に言えば、アクセスを受ければ病気が治るという様なことを言ったりしてはいけないということですね。

 

この事は私は気をつけています。

 

とはいえ、私はアクセスバーズのことを「脳内デトックスヒーリング」という言葉も使ってプロモーションをしているので、さて、今後どうしようかと考えなくてはいけませんね。

アクセスコンシャスネスの技術もそうですし、レイキヒーリングの場合にも、医療行為ではないということを明確にしています。

 

ヒューマン&トラスト研究所では、お互いにそれを確認するために、初回のセッション(施術)の際に、シートに記入を頂くと共に医療行為ではないことを明確にして、それを受ける人も認識していただき、誓約書にサインナップして頂いています。

 

 

 

ちなみに、この事に関しては、中国での取り締まりがきっかけになっているようです。中国では他のヒーリングモダリティや、気功法なども人気が出てくると取り締まられたりすることがままあります。

 

この詳細についてはブログで公開するのは得策ではないように感じますので書きませんが、ファシリテーターの方にはメールが来ていると思いますので、ご確認ください。

 

バーズプラクティショナーの方にはそのメールが来ているかはちょっと分かりません。

 

来ていないかもしれないので、必要な方には、バーズ再受講のタイミングや、あと私のところで受講された方で質問があれば分かる範囲でお答えしようと思います。

 

0 コメント

10月のアクセスバーズ・フェイスリフト講座

9月も後半、10月のアクセスコンシャスネス関連のセミナー予定をお知らせいたします。

アクセスバーズ1日講座

続きを読む 0 コメント

心の穏やかさを取り戻すバーズ&レイキ

Iさんから、アクセスバーズとレイキの100分セッションを受けた感想をいただきました。

いくつかの仕事を掛け持ちされているIさん、あまりに忙しくてあれもこれもと常にいくつかのことに頭を動かしています。

Iさんに限らず、そんな状態が続くことで、帰って仕事でミスが出たり、忘れ物をしたり、怪我をしたり、そういうポカを招くこともあります。

 

自分があまりにきつくなる前にちゃんと自分のメンテナンスをすることは非常に大事なことです。

今回、特別セッションの切符を手にしてくれて、仕事のやりくりをして自分メンテナンスのための時間を作って下さいました。

感想をいただきましたので、掲載します。

深い眠りのバーズ、金のエネルギーが注ぎ込むレイキ・・・Iさん

このところバタバタと動いていて、どんよりと頭も体も疲れているのを感じていましたので、小川先生の施術を楽しみにお伺いしました。

バーズ、レイキと施術をしていただきましたが、バーズの頭部のポイントに小川先生の手が触れると関連しているであろう体の部分が、ピリピリ反応しているのを感じたましたが、それは束の間、すぐに深い眠りに入りました。

寝ていたのは一瞬だった感覚で、気づいた時は小川先生のバーズとレイキの仰向けの施術が終わり、うつ伏せのお声掛けをしてくださった時でした。

そしてそれからは、うつうつと夢心地で、小川先生の優しい手が背中の疲れている箇所に触れて、温かくて気持ち良くて癒やされているのを感じました。

 

続きを読む 0 コメント